スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

慟哭

泣きたい時はLed Zeppelinのバラードを聴くと書きましたが、泣きたくても泣けないときもあります。
そういう時はどうしたらよいのか。。。
到達した答えはインスト(Instrumental)を聴くに限るということ。

インストの良いところはボーカルがないこと。
そう。どれほど共感したくとも共感すべき歌詞がない。
じゃぁどこに共感すればいいのか?
それはメロディであったりリズムであったり曲の織り成す物語・世界観のすべてということになります。
共感ではなしに別の何かに感性をシフトすることで泣くという行為そのものをすり変えてしまうことが出来る。

しかし泣くという行為はある種ストレス発散に繋がり、心の浄化を促す行為でもあります。
必要以上に嫌悪する行為でも恥じる行為でも恐れる行為でもなく、ひとに許された行為のひとつであると考えています。
うまく気持ちを切り替えることが出来るというのはその後に待つ良いことへのステップであると私は考えます。

無用に怒るよりも泣くほうがずっと建設的なのではないか?
などということを不意に思ったりもしましたが、まぁこれはあくまでも個人的見解。
怒りは時折すばらしいパワーを生みますがあまり精神的に見て建設的な行為とは言いがたい。
哀しみに遭遇したい人間などいません。
出来ればずっと笑っていたいものですね。

さて、インストとの出会い。
私の場合それは幼少の頃聴いていたclassicに相違なく。
子どものころは週末といえばclassicを聴いて過ごしていたものです。なので授業でclassicを聴いていて眠くなるという経験がまったくなかった。
J-popをすっ飛ばしてFolkからRockの世界へと足を踏み入れた私は根底にclassicが根付いた自分を証明するかのようにリッチー・ブラックモアとジョン・ロードが奏でるDeep Purpleにすっぽりとはまっていき、そこからRockを聴く礎を築いたように思います。そしてラリー・カールトンと出会い、高中正義と出会い、大音響で聴いたベースの効いたFunkに身を焦がして以来長い間Blackの世界へどっぷりと浸ることになります。
このBlackを聴いていた頃が自分にとってはとても重要で、Funkに留まらずFusionからJazz、Bluesなど違うものへの興味を失わずにいられたことでRockへ回帰した現在受け入れられる幅が変わったように感じられます。

Rockを聴き始めた頃の自分にとってインストは何となく退屈なものでありました。
しかし当時気に入って聴いていたDeep Purpleはイアン・ギランのボーカルがあまり好みではなく。その後さまざまな音楽性を孕んだグループLed Zeppelinに興味が移行するものの、ボーカルがない曲や長くて退屈なもんはやっぱり退屈。
ベースの効いたへヴィなFunkへと興味が移った後で面白い意識改革が起こります。
ひょいと実家に帰った時に弟が貸してくれたのがRainbowのアルバムを録音したカセットでした。
「Difficult To Cure」というタイトルのそのカセットは一曲目から私の脳をぶち抜き続け・・・
B面に移行する前のA面最後の曲「Vielleicht Das Nachster Mal」というインスト曲になんとも不思議な印象を植え付けられ、やっぱりリッチーっていいなぁと一度ここでちらっとRockに回帰してるのですが、自分にとっての興味は「なんで喜びの歌がリッチーを通すと治療不可になったんだろう?」という謎だったわけで。
そしてRainbowの好きなアルバムのトップがこれであるという話をすると大抵のRainbowファンの失笑を買うわけですが、とにかくいろんな意味で「Difficult To Cure」というアルバムは私にとって大切なアルバムとなったわけです。
そしてこのときに唐突にインスト曲っていいなぁと思えたことはRockに回帰した私にとってとても重要なファクタだったのです。
インストが好きにならなかったら多分私はこんなにドリームシアターが好きにならなかった気がするし、少なくともLTEを聴いて感動するとかPSMSのライブで感動するとかそういうこともなかったでしょう。

・・・今更ちゃんと撮れていなかったトラックを発見してiTunesに収めたりしていたあたりで自分の耳が信じられなくなったせいか話が脱線して方位を見失ってしまったようですが(笑)、泣きたくなるようなことがあったときも「インストって面白い!」と思えるような感性を持ち合わせていたことに感謝!という話でした。(笑)

隠れ家とか逃げ場って必要です。
仮令ひとりで居たとしてもヘッドフォンに身を委ねて音楽に引きこもる時間がないと窒息しそうになる。
さて。音楽を取り上げられたとしたら果たして私はどうなるのか。
引き換えに泣くことでもって心の平穏を保っていられる自信がまったくありません。


★今日の音楽★

  • Liquid Tension Experiment / Liquid Tension Experiment
  • Liquid Tension Experiment 2 / Liquid Tension Experiment

スポンサーサイト

テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

2013-09-15 : Music / CD / Live : コメント : 0 : トラックバック : 0
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  TOP  prev »

Author

  • author
ねこのみっく
  • A.K.A ネコ。Stray cat. ねこのみっくあにまる。
  • RockでJunkでFunkでPunkでDarkなシッカリ者に見えるウッカリ者のネコ科姐。ネコ故に人見知りが激しくなかなか懐かない。
  • HR/HMを与えておけば大抵Happyだけど音楽だけは好きと嫌いだけで普通がないの♪
  • 此処はひとつユルくヌルくHappyにいこうじゃないか♪
  • Let me go Rock 'n' roll !!

B L O G T I M E S

Displaying Entry

Recent Comments

近況報告
★頭殊どの ネコ 10/23
近況報告
うにゃ!うにゃにゃにゃ~ん♪ 頭殊 10/13
RAM IT DOWN / JudasPriest
★頭殊どの ネコ 02/23
RAM IT DOWN / JudasPriest
umm 頭殊 02/19
転職しました(Again)w
★頭殊どの ネコ 02/07
転職しました(Again)w
そう 頭殊 01/29
眠い眠い睡・・・
★頭殊どの ネコ 01/04
眠い眠い睡・・・
補足 頭殊 12/27
眠い眠い睡・・・
(^ω^) ネコ 12/25
眠い眠い睡・・・
わたしもランスはカイモクよ♪ 頭殊 12/23

Category

カテゴリ名 累計
全記事一覧 []
Updated / News [8]
Recommend [2]
Music / CD / Live [23]
Movie / DVD [2]
Book / Comic [0]
Game [1]
Recipe [1]
Fashion / Pierce [2]
Kimono [2]
HandMade [2]
Precious [2]
Device [2]
PC / BlogCustomize [2]
iPhone [9]
Allergy / BadCondition [2]
Catharsis / Murmur [9]
Memorandum [2]

Monthly Archives

  09   08   07   06   05   04   01   11   10   09   08   03   02   01   12   11   10   09   04   10   08   04   12   11   10

Search This Blog

QR Code

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。