スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

Ozzfest 2013 JAPAN

伝説のRockフェスOzzfest 2013 JAPAN
黒羊氏と2日とも参戦してきました。

伝説のRockフェスというわりに外に看板があるだけでタイムテーブルの配布もなく、一度会場入りしてしまうと何のフェスなのかわからないくらいシンプルな会場でした。
余計なお金はかけずにバンドだけにお金をかけてるのだなぁという印象。

実は観たバンドについてなど、かなりの長文を書いてたのですがなぜか保存したらタイトルを残して全部消えたので詳細はまた気が向いたら書きます。
FC2ふざけんな!

今回のまとめ。
Corey Taylorはかっこよかった!!
Slipknotの単独ライブがあったら観たいです。


次のライブは7月のワイナリー・ドッグスです。
出てると聞いてソッコーでCD(初回限定間に合った!)買ったのでしばらく強化月間。
大好きなマイキーに会える!と思うと胸が高まります。
また「キャー!今絶対マイキーと目が合った!!」って勘違いするんだもん!!www

ワイナリー・ドッグスワイナリー・ドッグス
(2013/05/15)
ワイナリー・ドッグス

商品詳細を見る


黒羊氏に深謝。
スポンサーサイト

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

2013-05-13 : Music / CD / Live : コメント : 0 : トラックバック : 0

PSMS

PSMS(Portnoy, Sheehan, MacAlpine, Sherinian)@ZEPP TOKYOにいってきました!

まずステージのセットを見てびっくり。
右手にドラムセットがセンターへ向けて鎮座。(要塞ってほどじゃなかったです)キーボードのセットが左手にやはりセンターに向けて鎮座。こちらはまるで要塞のよう。そしてセンターにギターとベースのアンプなどが設置されており、既に前代未聞感を打ち出していました。
クラシックコンサート以来、オールインストのライブなんて初めてなのでものすごい楽しみでしたが、まったく期待を裏切らず、15分ほど押して開始した概ね90分程度のステージはあっという間。
DERAM THEATERのライブでもそうでしたが、本当に熱にうかされちゃいますねwww
しかも今回は15列目のほとんどマイキーの前だったし、すごくよく観えたし!
ほんまに黒羊氏に足を向けて寝られへんなー。

マイキーが演ればなんでもドリームシアターじゃないですが、一発目がA CHANGE OF SEASONで盛り上がらないわけがない!!

4月のドリームシアターのライブには渋谷AX、横浜アリーナともに参戦しているしマイキーの抜けたDREAM THEATERの新しいアルバムもすごくお気に入りで何度も聴いてるのですが、PSMSを観に行ってみて新しいDREAM THEATERに何が足りないのかチラッとわかった気がします。
新しいドラマー、マイク・マンジーニのテクニックはとても気に入ってるのですが、やっぱりマイキーのお茶目で精密なのにダイナミックで派手で目立つドラミングがどこかで欲しいって思ってしまってるんですね。
マイキーほどエンターティナーなドラマーって居ない気がします。

黒羊氏イチオシだというリズム隊マイキーのドラム+ビリーのベースの組み合わせはほんとにサイコーにクールでした。
絶対もう一度観たい!!
ちなみにこの日のライブのDVDもCDも発売されるようです。買わなくちゃ!!!
(DVDでもマイキー怒り爆発が観られるのかにゃーwww)

マイキーはリードドラムだけあってソロはちょっぴりだったことだけが残念。
今回のステージはマイキーが目当てだったため本当にほとんどマイキーしか観ていませんでしたw
ほかのメンバーはそれぞれのソロのときに観て、後はマイキーに集中。
ビリーはとても目立つのとマイキーとよく絡んでいたのと、ベースなのにすごいアクション多目かつ派手だったため初めてビリーを観たのですがとても印象的でした。

なんかまだ夢から覚めてないようで文章がへんてこですがwww

続きは当日のセトリです。見たい人だけどうぞ。

続きを読む ≫

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

2012-11-14 : Music / CD / Live : コメント : 0 : トラックバック : 0

麻雀会に行って来た

友人が企画した麻雀会に行ってきました。(二度目)
場所は池袋。
電車に揺られてる間浴衣でイヤフォンさしてるところを想像すると自分でもどうなの?と思いますが長距離移動はイヤフォンないと無理なので・・・w

今年は浴衣をもう一度着たい・・・いつ着よう?と思っていたのですが、9月1日ならギリいけるかな?と思ってちょっと無理やりではありましたが着たいという欲求に勝てず、今回は二次会にも参加だったので汚れても後悔しない我が家で最もチープな組み合わせにしてみました。
興味のない人から見ればどれも「浴衣」とか「きもの」というカテゴリなのかも知れませんが、きものが好きな人は多分コーディネートだけでなく素材とか着方とか帯結びとかそんなところを見ていると思うので、そういう人が見たらなんちゅーチープな・・・と思われるのは覚悟の上で、ということで。(笑)
本当は同じような柄でもっと高級なものを探していたこともあったのですが既に浴衣は十分すぎるほど持っている上実際ひと夏で着用する機会が現在年に一度以下な感じですし、これ以上増やしても仕方ないので買わないと決めて現在に至っております。

会場では「なんできものなの?」「自分で着付けしたの?」などと聞かれましたが、「これから祭でもあるの?」と聞かれたりしなかったのは幸いでした。(笑)

よく「賭けないとかありえない」とか言われますが、ノーレート組はまったく賭けない麻雀でもちゃんと本気で打ちますよ。少なくとも自分はそうです。
ってか、今の腕前で賭け麻雀とか恐ろしくてとてもやる気になれません。
当時は一体どうしてそんな恐ろしいことが出来たのでしょうね?
今思い出すと自分でも不思議で仕方ないですが、なんにしても麻雀は楽しいです。
もっと強くなりたいですね。


画像がきれいじゃないですが記念に一枚。
0901

プレタ浴衣というのか、つるしの浴衣?は私には丈が長すぎて着るのにひと手間余分にかかるのが面倒なのですが、この浴衣はざっくり腰みあげしてしまったので気楽に着られます。
他のもやろうと思って手付かずなままですがいずれ気が向いたら。

個人的に浴衣はクラシックな柄が好きです。今風というの?ラメが入ってたり現代風にアレンジされすぎてるのは苦手です。
もっと言えばスクリーンプリントの浴衣も何枚か持ってますが裏が白いとか見た目がよろしくないのと、どうにも肌なじみが悪いというか着心地もイマイチよろしくないので本当はあまり好きじゃないです。
やっぱり本染めの浴衣、藍染が着ていて一番涼しいような気がします。

テーマ : (´∀`♪
ジャンル : ブログ

2012-09-01 : Kimono : コメント : 0 : トラックバック : 0

浴衣ででーと♪

yukata0705ツイ友さんと浴衣デートしてきました。
浴衣の話からとんとん拍子にお会いすることが決まってびっくり。
Twitter始めてそんなに経たない頃から@replyし合っていましたがお会いするのは今回が初めてで人見知りな私はかなり緊張しました。
吉祥寺アトレで待ち合わせし東急方面へ。おしゃべりしながらお店をあれこれ見て回ったり小さなギャラリーに入ったり。
ギャラリーでいただいた麦茶がとてもおいしかったことを今でも鮮明に思い出せます。
それくらい暑い日でした。(このエントリは結構時間が経ってから書いています)

その後お茶をしようと入ったのがはらっぱ
ちょうど頃合良く空いてたので2階の席貸切状態!(笑)
そしてお店の雰囲気に合ったゆるいBGMがとても印象的でした。
中でもハナレグミの「どれみれげえ」という曲に二人してめっちゃ笑けてしまって歌詞が知りたくて一所懸命聴いたりして。
もちろん曲名やアーティスト名は後から検索して知りました。

こんな曲っていうさわりだけようつべにあったので貼っておこう。


(ファラ)おの王さま どんな顔? どんな人?
おひげもじゃもじゃ
顔はにこにこ
腰をふりふり できたかな?

(ミソシ)るつくるの(ド)ーやるの (ド)ーやるの
お湯がぐつぐつ とおふトントン
(ミソ)をいれたら できあがり




teatime色白で可愛らしいかたできれいなピンク色の浴衣がとっても似合っていらっしゃいました。
楽しい時間をありがとうございました。こころから深謝。

そう言えばはらっぱ、私たちが帰る頃には席がいっぱいになっていました。
ゆるりと過ごせるお店で居心地よかったな。
癒される空間と時間でした。
ああいうお店にはなかなか出会えない気がします。
またゆるりと過ごせる間柄のかたと一緒に行っておの不思議な時間を体感してみたいものです。

テーマ : 人生は ・明るく・楽しく・暖かく 生きなきゃー
ジャンル : ブログ

2012-08-05 : Kimono : コメント : 0 : トラックバック : 0

LOUDPARK'11

さて!今年も無事一年に一度のお楽しみの日を迎えることが出来ました!!
ってことで今年も黒羊氏と共にメタルの祭典LOUDPARK11へ参戦してきました。
今年は一日だけ開催とか寂しいなぁとかトリがよくないだろとか話しながら。

うちを出るときは雨がザーザー降っていましたが黒羊氏の晴れ男っぷりを見込んで折りたたみでお出かけしたのが功を奏したのかどうかは判りませんが、黒羊氏の家を出る頃にはすっかり雨は止んでいる。すげぇ!

会場入りしてすぐステージを観に行ったら思ったよりたくさんひとが入っていて、ANIMETAL USAが「マジンガーZ!!」と絶叫しているところだったw
因みに今年は去年と違って去年オフィシャルバーがあった場所にもステージがあったせいか、ちょっと会場が狭く感じた。
去年より2階席にひとが多い印象。(去年はテンション上がっててみてなかっただけという可能性大w)

もっと聴きたいなぁという気持ちをよそにサクっと終わるのが恒例のLOUDPARKのステージ。
いったん出てバーで飲み物を引き換えおもむろに歓談&休憩&ランチタイム。
今年は一日だけの開催のせいか食べ物の種類が去年より少ない!
適当に回ってご飯を買ってきて食べ、ちょっと食休みしてUNISONICの後半から観ることに・・・ということで、以下バンドごとの感想など。

<ANINETAL USA>
3曲くらいしか聴けなかったけどすごい演奏が巧いしかっこよかった。
初めて観たバンドだったけどまた是非観たいと思いました。CD聴いてみよう。

<UNISONIC>
初めて観るバンドだったけどかっこよかったです。
聴いてたときは結構いいなぁと思ってたのだけど、TRIVIUMが良すぎて記憶が吹っ飛びましたw

<TRIVIUM>
今回のお目当てその2。
すごいかっこよくて盛り上がったのはよかったんだけど、一瞬「あれ?涼しくなった?」と思ったせつな巨大モッシュがすぐ左(ホントにほんの数人横)ですごい勢いで形成され・・・
ついでに誰かが投げたペットボトルの水も被って濡れたので「ひえー><」って感じでしたが、演奏&ステージはすごくよかった。
モッシュに押されたおかげでBigRockStageのアリーナ最後列(パーテーション前)を陣取れたのは幸いでした。
生「KIRISUTEGOMEN」めっちゃかっこよかったDeath!
けど、出演時間短すぎるよ!!もっといっぱい聴きたかった!!
来年も是非来て欲しい!!

<THE DARKNESS>
きれいなファルセットのVo.がはりきってステージを盛り上げる。ちょっとQUEENのフレディ・マーキュリーを彷彿させる脱いだら全身タイツが印象的だったw
全体的に悪くないんだけど、何故かどの曲も途中で飽きてしまう。
これはTRIVIUMの前に観たかった。残念。

<ARCH ENEMY>
3年連続出演をキメているバンドなので馴染みはあるものの、今まであんまり印象が深い感じでもなかったのに今年は何故か何処か違った。
あれ?アンジェラってこんなにかっこよかったっけ?(喋り声とデス声のアンバランスさが妙にいい感じ)
ギターソロにちょっと(かなり)圧倒されちゃいました。
来るとは思ってたけどやっぱりモッシュに潰されそうになりましたw
モッシュこえぇぇ><
あまりのすごさ酷さに思わず動画撮影しちゃおうかとも思ったけどステージ観る時間が減ってもったいないのでやめときました。
押されてギュウギュウで前のにーちゃんと靴が接触してるから立ってるの大変。まるで通勤ラッシュの山手線並みでした・・・とか言いつつ、ノリノリでしたけどねw

<WHITESNAKE>
デヴィッド・カヴァーディルを好きになってからどれくらい経つだろう?
初めて生デヴィッドを観ることが出来た!
そして最初のひと目で「もっと前に観ときゃよかった!」と後悔した。
相変わらずいい声だったけど、さすがにもう高音が出ないのが残念だったけど、堪能しました。
途中で最後のバンドLIMP BIZKITのセッティングしてるFuckin' noiseがヤな感じだったけど何だったんだろ、あれは。他のステージで気になったことなかったのになー。

とにかくギターの音が非常に良い。掛け合いがすごくよかった。
とてもクリアでキレの良い音で、大好きなレスポールの音を久しぶりにちゃんと聴いた気がしました。
ドラムスもすごく魅せてくれるステージだったし、ベースも渋くて好みだった。
デヴィッドを観に行って声を聴きながら目線の先は実は殆どドラムスだったという(笑)
いやいや、デヴィッドかっこよかったっす。

今年は何よりトリが悪いだろ、トリが・・・ってことで「WHITESNAKEがトリ」ということでWHITESNAKEが終わってすぐ会場を後にしたけれど、同じような考えのひとが多いらしくたくさんのひとがどんどんスーパーアリーナから出て行く。。。
やっぱりどう考えてもあのトリは失敗だろ・・・
ということで来年は例年通り二日開催で是非お願いしますよ、ホントに。

何だかんだ言いつつとても楽しい一日でした。THANX!!
そういえばせっかくiPhone4Sにしたのに写真はご飯くらいしか撮らなかったな。あれー?w

そうそう、無事iPhone4Sが繋がるようになりました。予定通りラウドパークに居る間にwww
iOS5、4Sにしたらすごいサクサク。
変換が非常に快適になったのが嬉しい。びば!iOS5!!!

★今日の音楽★

  • Ember To Inferno / TRIVIUM

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

2011-10-17 : Music / CD / Live : コメント : 0 : トラックバック : 0

サマソニ2010参戦記

去る8月8日(日)SUMMER SONIC 2010 2日目のみ友人共々初参戦してきました。
LIVE行きまくってる友人が実はサマソニ初参戦ってものすげー心外でしたが(笑)
TwitterでサマソニにDREAM THEATERが出ると聞いて、居ても立っても居られずとりあえず友人にメールで「DREAM THEATERが出るんやけどどない?」と打診してOKだったので一緒に参戦♪

で、私の観たかったのは「Dream Theater」だけだったので
残りはすべて友人にお任せといういい加減っぷりで、そのいい加減っぷりや、前日友人と詳細決めるための電話をするまであのSLASHが出ることすら知らなかったというものすごい徹底っぷりwww

前日の打ち合わせでMountain Stageしか観ないとのことだったので相当気楽になったものの、念のためTwitterなどで色々真夏のライブイベント参戦の注意事項などを教えてもらって塩キャンディ類やら冷えピタやらタオルやら薬一式やら…
備えあれば憂いなし体制=結構な荷物をウエストバッグに詰め込んで参戦w

当日の朝、時間を指定して電車で待ち合わせ(それなのに例によって私が電車で一駅逆行するという愚を犯しましてん…w 備えあれば憂いなし。早うに出といてホンマによかった。危うく置いてかれるとこやったww)、前回のLOUDPARK'09の移動時同様、「ホンマにアクセス悪いよなぁ~、この一駅だけ乗り換えってメッセへ行くひとへの嫌がらせとしか思えんよな~」なんて海浜幕張駅までのアクセスの悪さをサカナに久しぶりに会った友人としゃべっているとあっという間に幕張メッセについてしまう不思議。
(けど、ホンマ幕張マジックやでww 我が家から他県にある友人宅を経由しても直行で行っても出発時間も到着時間もまるっきり変われへんって、どー考えても絶対おかしない?www)

ついてすぐに「後8時間でDREAM THEATERに会えますね!」とかしょっぱなからカツを入れられw
到着してから例によって飲んで食べてステージを観て、また飲んで食べてステージを観て…私は脱水防止策でずっとポカリスエットばっかり飲んでましたw
因みに今回食べたものはお昼に「広島焼き」。夕飯は友人が「富士宮焼そば」、私が「パク森カレー」。
幕張名物?海鮮丼だったかまぐろ丼には本当に縁がないというか見るとあんまり食べる気がしなくなるのはなぜなのか?w

結局マウンテンステージから一歩も出ることはなく観たバンドは以下の5つ。

  1. BIGELF

  2. COHEED AND CAMBRIA

  3. MICHAEL MONROE

  4. SLASH featuring MYLES KENNEDY

  5. DREAM THEATER



腹ごしらえしてからまず、13:05~ BIGELF
初めて聴いたのですが好みの音でものすごく引き込まれました。
しょっぱなっから飛ばしてノリノリになってしまったw
ホンマにあっという間に終わってしまって「えええー?」って思ったくらい。。。
ちょwww短いよ!!もっと聴きたかったよ~!!!・・・orz
LOUDPARK'10にも来てくれんかな…(無理)また観たいと思ったバンドでした♪

次に14:10~ COHEED AND CAMBRIA
プログレなので好みにヒットしてるんですがちょっとステージが退屈だったので途中で飽きてきちゃったのが残念。
時間がBIGELFと入れ替わればよかったのに、とか酷いこと思っちゃったりした位。
そもそもプログレのステージってこんなもんかも、と思えばそう思えなくもない(偏見w)し、LOUDPARK'09でのROB ZONBIEのステージに比べれば断然楽しめたのは事実なんですけどね(笑)

それから15:30~ MICHAEL MONROE
すっごい客の乗せ方がうまくてホンマ心から楽しいステージでした♪
何というパフォーマンス!細っこいのにマッチョで何というパワフルなステージ!!
聴いたことのある曲があったのも嬉しい。
最初っから最後までノリノリで「後半だいじょぶ?」と自分でも思ったくらいwww
マジかっこよかったです♪
一目でMICHAEL MONROEのファンになっちゃいました~♪
また彼らのステージが観たいです。

※私 信 ※

DEAR 我らが j氏:
今度会ったときはぜひともカラオケでMICHAEL MONROEを聴かせてくれたまい!w



腹ごしらえして少し長めの休憩を挟んだ後(人気があった16:50~のHOLEは結局その後SLASHDREAM THEATERまで休憩なしで居ずっぱりになるのがわかっていたこともあり体力温存したかったので観ませんでしたが、何やらSLASHより盛り上がったとか。)は友人的には本日のマウンテンステージのヘッドライナー相当(たぶんDREAM THEATERは別格、と勝手に決めてる私w)であろう18:20~ SLASH featuring MYLES KENNEDY
いやー、生SLASH!めっちゃ渋くてかっこよかったです!!!
音楽性も違うし雰囲気もぜんぜん似てないんですが、何故かBONJOVIRichie Samboraを彷彿とさせるんですよね。脇に居るのに渋目立ちしてるせいかな?

GUNSのSLASHとどこが違うのか!流石SLASH、巧いヴォーカルをつれてきたもんです。
まんまGUNSを演ったので大人気!すんごい熱気!!大合唱で皆ノリノリ♪
SLASHがイントロを奏でる度に熱気で会場が盛り上がっていくのがわかるほどすごかった。

後、何がすごかったって、B'Zの稲葉浩志が飛び入り(そりゃ演ってる方は予定なんだろうけど、こっちとしてはリストにない=予定外ショットなのでめちゃ飛び入り!)で出たこと!!!
「何!SLASHと稲葉浩志が競演? これは夢か?夢なのか?」状態!!!!!
(けど、友人は静かに熱狂しながらも「もしかしてありうるかも、と思ってはいたんですけどね」とサラリと語った。いやー、すごい予想大当たり + やっぱこの友人すんげーアツいひとである!)
いやはや…すんごいサプライズもあったもんです!
これだけでもホンマに今回サマソニ来た甲斐があったってもんです!!(え!w

Paradise Cityで燃え尽きた後は例によって「足いてー、腰いてー、首いてー、疲れたー、燃え尽きたー…」とか二人してブツブツ言いながらも立ったままでステージ中央柵の真後ろといういい位置をキープしてDREAM THEATER出待ち。
開演前にかかっていたアコースティックバージョンのDREAM THEATERの楽曲に合わせて歌ったり、曲やアルバムについて話したりしながらどんどんステージに向けて盛り上がっていく気持ち…

そして最後が20:00~ 夢にまで見たDREAM THEATER!!!
演奏したのは6曲。新しいアルバムの楽曲とその前のアルバムの楽曲がメイン。
しょっぱなっからマイキーの超絶技巧ドラムテクに引っ張られてたまらんかった!
ラブリエの声に酔いながらも目はマイキーに釘付け!!
もう凄すぎてマイキーがステージに居る間中一時も目が離せなかったです。。。
マリンのヘッドライナーが大御所STEVIE WONDER(実はSTEVIE大好きなので本当はすっごく観たかった。被ったのが残念過ぎ…orz)だったこともあって客の動員数はSLASHに遠く及ばない感じだったし、ノリノリなのは前方でDREAM THEATERとプリントされたTシャツ姿の「如何にもファン」ってひとがほとんどだったのは否めないけど…
お陰で熱気に殺されることもなくDREAM THEATERのステージを堪能出来たのは幸せでした。
アンコールのPull Me Under ~ Metropolis Pt.1で大合唱になって燃え尽きましたー!!!!!

予想通りぜんぜん時間たんないよー!!!!!!!orz
次回はソロのライブを(出来ればいい席で)堪能したいです。(どうせ3H立ちっぱなしだろうけどw)
幸いなるかな直近はLOUDPARK'10でマイキーだけは拝むことが出来るらしい。。。
ああっ!こんなでっかい幸せが今から予定されてるなんてっ♪


弾けまくってイベント終了兵どもが夢の後…予定通りですが真夏の湿気と暑さも手伝ってものっそ疲れました。ぐったり。。。
おまけに帰りは電車内のクーラーの寒さと、直接あたらなかったものの待ち時間や車窓から見るゲリラ豪雨にびっくり。

体力的にもおそらくこれが最初で最後のサマソニ参戦だと思う。
それでもこの日「夢劇場」が見せてくれた素晴らしいステージをずっと忘れることはないでしょう。

Mountain Stageしか観ていませんが全体的な印象を簡単に述べるなら

  • 黒くない!
  • 街中のような普通の服装の人がたくさんいる!
  • えろいおねーさんが見当たらない!代わりにすね毛丸出しの男がやたらと多い!
  • えええ?ライブやのに短パンにビーサン??マジか???
  • 盛り上がると酒が宙を飛び交うのはLOUDPARKと一緒だ!←迷惑行為なのでよい子はまねしないようにしましょう!
  • LOUDPARKと違って盛り上がっても前方にサークルピットが出来たりはしないんだな!

要するにお客さんがおとなしいってことかもねwww
死体が普通にあちこちに転がっていて時折ゾンビのように生き返ってはステージに戻ってゆくという点はLOUDPARKと何ら変わらないけどw

…ってことで続きはお約束の観た分のネタバレ的セトリと、おまけでサマソニ参戦時の心得みたいなもんを書いてみたのみですので興味のないひとはスルーでw
続きを読む ≫

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

2010-08-10 : Music / CD / Live : コメント : 2 : トラックバック : 0

Inglorious Basters(イングロリアス・バスターズ)

Inglorious Basters(イングロリアス・バスターズ)

2009年11月20日(金)公開 * R15+指定
悪名こそ、彼らの名誉(グロリアス)。
[c]2009 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

クエンティン・タランティーノ監督、ブラッド・ピット主演による破天荒な戦争アクション。第2次大戦中のフランスを舞台に、ドイツ軍を恐れさせた連合軍のならず者たちの活躍を描く。

<みどころ>
第2次大戦下のフランスを舞台に、ナチスに家族を殺されたユダヤ人女性と、情け容赦ないナチ狩りで恐れられるユダヤ系アメリカ人部隊“バスターズ”が繰り広げる壮絶かつ壮大な復讐の行方を、タランティーノならではの映画愛あふれる演出でスリリングに綴る。主演はブラッド・ピット、共演にメラニー・ロラン、ダイアン・クルーガー。敵役のランダ大佐を演じたクリストフ・ヴァルツは、この演技でみごとカンヌ映画祭最優秀男優賞を受賞。

<あらすじ>
1944年、ナチス占領下のフランス。かつて“ユダヤ・ハンター”の異名をとる冷血な男ハンス・ランダ大佐によって家族を皆殺しにされた少女ショシャナは、ただ一人逃げ延び、現在はパリでミミューと名乗り、映画館主をしながらナチスへの復讐の機会を窺っていた。同じ頃、アルド・レイン中尉率いるユダヤ系アメリカ人を中心とした連合軍の極秘部隊“イングロリアス・バスターズ(名誉なき野郎ども)”がナチスを次々と虐殺、血祭りに上げた相手の仕上げに頭皮を剥ぎ取るといった残虐な手口でドイツ軍を震え上がらせていた。そんな中、ショシャナの映画館でナチスのプロパガンダ映画「国民の誇り」のプレミア上映が決まり、ヒトラーはじめナチス高官が一同に集結することに。この千載一遇のチャンスを逃すまいと、ショシャナ、イングロリアス・バスターズそれぞれが行動を開始する。

<作品データ>
原題 : 
INGLOURIOUS BASTERDS
製作年 : 
2009年
製作国 : 
アメリカ
配給 : 
東宝東和
上映時間 : 
152分

<スタッフ>
監督 : 
クエンティン・タランティーノ
製作総指揮 : 
エリカ・スタインバーグ(ゲスト出演) 、 ロイド・フィリップス 、 ボブ・ワインスタイン 、 ハーヴェイ・ワインスタイン
製作 : 
クエンティン・タランティーノ 、 ローレンス・ベンダー
共同プロデューサー : 
ヘニング・モルフェンター 、 カール・L・ヴェプケン博士 、 クリストファー・フィッシャー
脚本 : 
クエンティン・タランティーノ
撮影監督 : 
ロバート・リチャードソン
プロダクション・デザイン : 
デイヴィッド・ワスコ
編集 : 
サリー・メンケ
衣装(デザイン) : 
アンナ・B・シェパード
特殊メイク : 
グレッグ・ニコテロ
字幕 : 
松浦美奈
アシスタント・プロデューサー : 
ピラー・サボーン
視覚効果 : 
ジョン・デクストラ
ナレーション : 
サミュエル・L・ジャクソン(クレジットなし)

<キャスト>
アルド・レイン中尉
 / ブラッド・ピット
ショシャナ・ドレフュス
 / メラニー・ロラン
ランダ大佐
 / クリストフ・ヴァルツ
ドニー・ドノウィッツ
 / イーライ・ロス
アーチー・ヒコックス
 / ミヒャエル・ファスベンダー
ブリジッド・フォン・ハマーシュマルク
 / ダイアン・クルーガー
フレデリック・ツォラー
 / ダニエル・ブリュール
ヒューゴ・スティーグリッツ
 / ティル・シュヴァイガー
ヴィルヘルム・ヴィッキ
 / ギデオン・ブルクハルト
マルセル
 / ジャッキー・イド
スミッソン・ウティヴィッチ
 / B・J・ノヴァック
オマー・ウルマー
 / オマー・ドゥーム
ヘルストロム
 / アウグスト・ディール
ピエール・ラパディット
 / デニス・メノシェ
ヨーゼフ・ゲッベルス
 / シルヴェスター・グロート
アドルフ・ヒトラー
 / マルティン・ヴトケ
エド・フェネシュ
 / マイク・マイヤーズ
フランチェスカ・モンディーノ
 / ジュリー・ドレフュス
ウィンストン・チャーチル
 / ロッド・テイラー


映画館でストーリィのある映画を観たのは何年ぶりだろうか。
かの「地獄の黙示録特別完全版」以降劇場には足を運んでいなかったような気がする。(今でもワルキューレを聴くとちょっと胸がドキドキしたりなんかしますよw)
もっとも、DVDであっても随分長いこと観なかった。(理由はここでは割愛)
そんな私が友人に誘われたからとはいえ、ストーリィのある本作品を「観てみようかな…」と思ったのは、CMの面白さ(ヒットラーの「Non!Non!Non!」の直後のレイン中尉の「Good!」の掛け合いが妙に笑えたw)と、監督がタランティーノだったから、恐らくストーリィがどう展開していっても何れのシーンに於いても最終的に終結のスピーディさに救われるだろうと思ったからである。そしてその読みはまったくもって正解だったと言える。

さて本作品、クレジットを観ると152分と長いが、まったく時間を感じさせない。退屈する暇のない映画だった。
会話やシーンの長さにほんのちょっと退屈してきたかな~、というころになるとあっけないほどサクっと誰かを殺して魅せてしまうスピーディなHeavy Dutyさ。

CMを観て「ブラピが出る!」という理由によりこの映画を観るひとには「やめとけ!」と言いたい。(ブラピの演技自体が観たい人を除く)
残念ながらこの映画ではカッコイイブラピは拝めないからだ。
また、「一般的な戦争映画が観たい」若しくは「一般的概念のナチスドイツ系を描いた映画が観たい」という向きにもお勧めできる映画ではない。普通の戦争映画とはまったく趣旨が異なるからだ。(アルゲマイネSSの軍服はイヤというほど堪能出来ますが、SS軍隊は拝めません。)
だが、「タランティーノが好きだ!」または「映画自体が大好きだ!」という理由によりこの映画を選ぶひとにはイチオシである。
タランティーノらしい必要以上に増長な会話に勿体つけた雰囲気。殺る時は一瞬。
そして一瞬「?」と思えてその実シーンに非常にマッチングしたBGMの数々。
出来れば一度は劇場で、さもなくばせめてサラウンドシステム等のある場所で鑑賞したい作品である。
多くは語らないが、この映画のキモはキャラクタたちの織り成す絶妙な「会話」とその言語の「アクセント」による「遊び」にある。
英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語のすべてが理解出来れば最高にその絶妙さ加減が楽しめるだろう。
すべての絡みにうまく独特で固有のアクセント・固有のクセを用いることによって、観るものにわかりやすいように工夫が施されている。。。が、会話や発音が理解できないのが非常に悔やまれた。英語の字幕が振ってあるんだけど追いつけない Σ(´□`;)
また、たくさんの映画を観て知識があるひとにとってはまたとない面白いつくりになっていると思われる。途中「あれ?」と思えるシーンがいくつかあり、結構いろんなモチーフが使われていたようだ。
映画通のひとはそれを探してみるのも悪くない楽しみ方なんじゃないかな。

しかし何が最高って、終始アゴを上に向けた偉そうで如何にもバカっぽい荒くれアメリカ将校(レイン中尉)を演じるブラピのナイスな破天荒ぶりと、その一見地味で脆弱そうに見える部下たちの派手でハラショーなナチスのぶち殺しっぷりとレイン中尉の命令通りにナイフで頭の皮を剥いでしまう残虐さと忠誠っぷり、そして予想通りの展開を見せるナチス将校ヴァルツ(ランダ大佐)の策略とおバカな最期の演説(?)、そして待ち受けるエンディングにあると思う。
とにかくキャスティングがナイス過ぎるのである。揃って演技がウマ過ぎる。

なおタランティーノがこの映画を作るきっかけになったと言われている娯楽映画の巨匠エンツォ・G・カステラッリの『地獄のバスターズ』(1976年イタリア)のアメリカの原題は「THE INGLORIOUS BASTARDS」、こちらの原題は「INGLORIOUS BASTARDS」。
ちなみに「イングロリアス・バスターズ」は『地獄のバスターズ』のリメイク映画ではない。

ストーリー展開は先読みできてしまうものの、緩急織り交ぜて観客を飽きさせることなく楽しませるタランティーノのマニアックな映画狂っぷりを垣間見たような気がした。
観てない方は、ぜひ♪
映画好きなら通常料金支払っても決して損だと感じることのない映画だと思う。
所謂「遊び」とか「粋」とかそういったものをちょっとでも知ったひとに「某か」感じて欲しい映画だと思う。

ちなみに追記は当日単なる雑記なので続きを読む価値はございませんw
続きを読む ≫

テーマ : この映画がすごい!!
ジャンル : 映画

2009-12-08 : Movie / DVD : コメント : 0 : トラックバック : 0

川のゴミにも苦悩あり

一週間ほど前にスパイラルバーベル(ボディピアス)のジュエリが石落ちしてしまったのをショップに持ち込んだら、買ったばかりだったせいかメーカーで修理してくれることになり、出来上がりが今日だったので、忘れる前に取りに行ってきた。
何もよりによってこんな氷雨の日に出ることもなかろうて…と自分でも思うのだけど、出たいうちに出ないとイヤになってそのうち忘れるのが目に見えているので(苦笑)

寒くなる前に行きたかったので午後比較的早い時間に立ち寄ったら「すいませんけど夕方の6時過ぎごろで」と言われたので、それまでブラブラ暇つぶしすることに。

が。今日に限って是非ともやりたかった暇つぶし用のブツを持っていないwww

なのでしばし駅ビルや雑居ビル、電化製品等を眺めたりして、てけとーにくたびれた後は先日百景で見た美味しそうなスターバックスのクリスマスケーキを食べに休憩。
ドライフルーツは好物♪ 飾りのチョコトッピングのオレンジも美味しそう♪
ってことで、甘いとは知りつつも温まりたかったのでクリスマスフレバーの「ジンジャー・ブレッド・ラテ」のトールサイズとお目当てのケーキ「クリスマス・ジュエル」をオーダー。
店内が暑いのでジャケットは脱いだものの、ヘッドフォンはつけたままでもぐもぐしながら席から見える風景と人間ウォッチング。
MARS VOLTAを爆音(ただし音漏れなし)で聴きながら見る雑踏はなんだか何処か嘘くさくて、本当は今私の目に見えているのは現実じゃないんじゃないかって気さえしてきてちょっと不思議な感覚に囚われる。
ケーキがおなかに入るとしっかりおなかいっぱいになるんだから現実に決まっているのに。。。

肝心の「クリスマス・ジュエル」はオレンジピールかな、の味が全体を引き締めてフレッシュに感じさせ、甘さも控えめに感じるのでコーヒーとの相性は抜群かと。
ドライフルーツが結構入ってるのでドライフルーツ苦手なひとには不向きですが。
完食した後も、最後までオレンジの爽やかな風味が口の中に残るのが特徴。
ぽろぽろと崩れやすいので食べるときは気をつけましょう(笑)

お買い物ブレイクにちょっと甘いものが欲しくなったときはまたリピしそうです♪
クリスマス・ジュエルとジンジャーブレッドラテ

で、エントリタイトルの「苦悩」ですが…。
なんのことはない、川のゴミって結構ナンにでも引っかかれるので暇つぶしは得意分野だと思っていたんですけれど…
今日はなんだかコレがきつくてきつくて。
何処へ行っても時計ばかり見ていた気がします。
どのお店を眺めてもこれといって欲しいものが特にない。。。

服・・・・・
もう欲しいのは買っちゃった or 持ってる or 増やしたいと思えるものに出会えない。

鞄・・・・・
欲しいんだけど、「欲しい!」と思えるものに出会えない。

靴・・・・・
もう欲しいのは買っちゃったから現在欲しいものがない。

アクセ・・・
常に欲しいけど、欲しいと思ったものに出会えなかった。

PC・・・・・
欲しい!が先立つものがないから無理。(ノートPCね)

本・・・・・
欲しいのがあった!が折れていてプレゼントには不向きだった。

雑貨・・・・
見ると欲しくなるが、飾る場所がないだろ!と自分を戒めて今日は我慢したw


もういっそのこと腹括って天すみでも行って来ればよかったのか?と思ったのは秘密です(笑)

で、暇を潰しに潰して午後7時過ぎにショップへ伺ってジュエリを引き取ってから帰宅しましたが…
ブラックダイヤモンドがジェットに化けてる気がしましてよ、奥さん…(´・ω・`)
ま、直っただけよしとしましょう。そうしましょう。(ノ∀`)

で。こいつを填めるのにまた数日掛かるんですね…? Σ(´□`;)

今日の音楽

  1. SOUL BALLAD COLLECTION (タイトルうろ覚え)
  2. HOUSES OF THE HOLLY / LED ZEPPELIN
  3. APPETITE FOR DESTRUCTION / GUNS N' ROSES
  4. THE BEDLAM IN GOLIATH / MARS VOLTA
  5. FRANCES THE MUTE / MARS VOLTA
  6. SPREADING THE DISEASE / ANTHRAX
  7. PUMP / AEROSMITH
  8. PIECE OF MIND / IRON MAIDEN
  9. PAINKILLER / Judas Priest
  10. SCREAMING FOR VENGEANCE / Judas Priest
  11. 三文ゴシップ / 椎名林檎

続きを読む ≫

テーマ : これでいいのか?これでいいのだ!
ジャンル :

2009-12-03 : Recommend : コメント : 0 : トラックバック : 0

Queen Rock Montreal cine sound Ver.

念願かなって「Queen Rock Montreal cine sound Ver.」をバルト9の最終日の上映に滑り込めたので観てきました~。
(実際観たのは11月30日の21:30からだったのだけれど、終わってバルト9からたらっと帰宅したら当然だけど午前様になってしまった…けど、その熱が消える前に書きたかったのでエントリをまんま修正なしの日付にて記載してます。)

1991年11月24日HIV感染症による肺炎(だったかな…あいまい)で急逝したQUEENのVocalistフレディー・マーキュリー。
彼の生前のライブ映像を大画面とデジタル音質で楽しめるとは、至福極楽。

ライブ映像自体はリンク先にある通り、1981年カナダ・モントリオールにて行われたものをデジタルリマスター化したもの。
ということは、全盛期若しくは全盛期直後くらいってことかにゃ?
私の知るQUEEN全盛期ってのは、フレディが上半身をまるっと出した不思議な白い全身タイツでステージ上で暴れ回る辺りなので、その辺よりもうちょっと後かな、というイメージなんだけど違うのかな???

最初はレザーライダースに白いジーンズを着用していたフレディが、まずジャケットを脱ぎ・・・そして脱ぐ脱ぐ、どんどん脱ぐ。
何故か白いショートパンツになったときは、どっかから帽子?と赤いバンダナが出てきたんだけど、あれはなんだったんだろう?まぁいいかw
バンダナはステージではマイクと一緒に小道具と化してたな。

結局最後は白いショートパンツだけ(足だって裸足!)になっちゃうんだけど、とにかくやっぱりステージに居る彼は非常に存在感がでっかくて、大きく見える。
これでもかってくらいしなやかにリズムを刻みながら例によって短いスタンドマイクを使ってステージを暴れ回り、メンバーと絡むフレディはとても美しい。
一言で言うならば「フレディは楽器(当然超一流の)やな・・・」というところか。
本当に身体全体で歌ってるのがクリアな映像を通してよくわかる。
リズムを刻む・振るわせる・それがマイクを通して伝わってくる過程。そのすべてを全身全霊でもって伝えてくるフレディの姿は素晴らしい。

映画のはじめに「これはコンサートだから立ち上がってもいいよ」みたいな注意書き?があったけど、
別にお客さんが立ちあがっている様子はなく、最終日とはいえ平日の夜9:30スタートとあってからかかなりすいていた感じだったし(結構前のほうだったので後ろの様子はわからず…)、コンサートのようにノリノリって感じの人は周囲にはあまり見当たらなかったので、もしや私が一番ノリノリだったかも(汗)

えええー?(´Д`)
メジャどころ、懐かしいナンバーをあれだけやられてのらない手はないっしょw

冒頭からストンピングなしバージョンの「We Will Rock You」!!
フレディのピアノによる「Somebody To Love」はやっぱり美しい。
正直中盤はちょっとダレた感があったんだけど、後半の「Bohemian Rhapsody」から一気に盛り返して「Another One Bites The Dust」で更に盛り上がり、そのまま今度はストンピング(CDに入ってるズンッチャッ!、ズンズンチャッ!ってやつ)ありの「We Will Rock You」から「We Are The Champions」と、ステージはエンディングまで一気に突き進む。

ピアノを弾いてるとき以外はひたすらステージ上で暴れまわるフレディは声も曲線もどうやっても美しく、そしてブライアン・メイのギタープレイはやっぱり心地よい。観ているこちらを気持ちよく酔わせてくれる。ロジャー・テイラーのドラム・ソロも、歌もよかったし、ジョン・ディーコンのベースプレイもカッコイイ。

非常に残念に感じた点としては、実際のライブとは違う、そして中継ライブ等でもないのでステージの熱が伝わってくる要素がないので仕方がないのだろうけど、これがライブと決定的に違うところで、エンドロールはあるものの、余韻がやっぱり体感出来ないのが映画である寂しさであり、切ない部分でもあるなと。

さっきまで銀幕にQUEENが居たのなんてうそのように引いてゆく熱。
あれは決してライブではあり得ない感覚。
ライブだと体感したその熱は数日~長いと1週間くらい平然と引っ張るからねぇ…。
やっぱりどこか一体感が持てないというのが正直なところだろうか。
「参戦した!ステージと一体化した!灰になった!」みたいな熱を持った感覚と違って、どこか醒めた「ああ、観た」というような感覚といえば伝わるだろうか。

それでも今はもうライブでは観ることが出来ないフレディの(しかも全盛期と思しき)ステージを大画面+デジタル音声大音響で拝見できたというのは素晴らしい貴重な体験であった。
やっぱりおうちで観るとなると大音響で、というわけにはいかないわけで、大合唱も出来ないしね(…といいつつたまにおうちでも合唱やりますけどw / 汗)

それにしても…こないだのマイケル・ジャクソンの映画観たときと同じ感想なんやけど、「日本のお客さんって大人しい…ノリが悪いといえばそうなのか、それともお上品なのかわからへんけど、大人しいなぁ…。」と思う。
ライブ映像見せられたら普通はやっぱ自然と身体がリズム刻んじゃうもんなんかと思ってたけど、案外そうでもない人が多いのね…(´Д`)

中盤ダレた時ちょっと舟漕いだのは気の所為だってことで内緒にしといてくださいw
だって今日は何故か知らないけど日中から非常に眠たかったんやもん(´・ω・`)
自動瞼閉じる装置が小人さんによって唐突につけられたのかと思いました(笑)
つーか、これぞライブではあり得ないことですにゃぁ…(´Д`)
どんだけ退屈と思ったライブでも船漕いだ経験は皆無だす。
映画館で映画観てる途中ってのは何度か経験あるけどねw(→あるのかよ!というツッコミはナシの方向でおながいしますwww)

後もうひとつ残念な点は、お値段が高いこと。
まぁライブ観たと思えば全然安いんだけど、それでも映画館で支払う2,900円というのは若干お高い感じが否めないところ。
出来ればもう少しお財布に優しい価格になってくれるとありがたいですにゃぁ(´Д`)

今日の音楽(映画以外)

  1. ASSAULT ATTACK / MSG
  2. 三文ゴシップ / 椎名林檎 (数曲のみ)
  3. HOLLYWOOD / MARILYN MANSON
  4. Piece of Mind / IRON MAIDEN
  5. REIGN IN BLOOD / SLAYER
  6. MASTER OF PUPPETS / METALLICA
  7. SPREADING THE DISEASE / ANTHRAX
  8. OPERATION:MINDCRIME / QUEENSRYCHE (現在エントリ書きながら鳴らし中w)



今日も美味しいランチとかお茶とか色々お外で美味しいもの三昧したんだけど、今日はもう眠たいのを通り越してるのでその話題についてはまた後日。

追記は公式?によるセットリストですので、見たくない人はスルーの方向でヨロ。
…で、調べたらバルト9で12月4日まで追加公演が決定している模様なので、リストがみたいひとは映画本編を観た後でよろです(ノ∀`)
続きを読む ≫

テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

2009-12-01 : Music / CD / Live : コメント : 2 : トラックバック : 0

CARNIVAL OF SINS / MOTLEY CRUE

21日(土)から本日まで2泊、友人宅に潜って過ごしてました♪
バランス的にちょっぴり悩んだケド、Myてらぷちアレンジメント帽子(笑)をお外デビゥさせ、友人宅へ着くまでの間はドアを開ける前からiPhoneで「某氏オススメ20選」をガンガンかけながら移動。
日ごろ多忙な友人相手にに「具を少々持参するので鍋しましょう♪」などと我侭言って駅まで迎えに来てもらって、一旦友人宅に荷物を置いてからドライブに連れていってもらったり、おうちでも色んなCDやらDVDやら音楽の話やらをたくさん見聞させて戴けた上に手料理までご馳走になり、ホンマにものっそ楽しい有意義な3日間で御座居ましたっ(´∀`)<別名「我侭三昧3DAYS」とも云う~w

最近元々あんまり記憶力がよろしないので、21日からの我侭三昧な3日分は追記にてけとーにボチボチ箇条書き風味にすることでよしとします(何)

我侭三昧の間に観せて戴いたDVDがエントリタイトルの「CARNIVAL OF SINS / MOTLEY CRUE」。
MOTLEY CRUEというバンドをちゃんと聴いたのは「某氏オススメ20選」に入ってた「DR.FEEL GOOD」が初めてでしたが、この1枚でMOTLEY CRUEというバンドが私のお気に入りになったのは言うまでもありません。
友人がちょこちょことメンバーについて説明してくれるので、MOTLEY CRUEについてさっぱり何もわからない私にはとっても嬉しかったです。

CARNIVAL OF SINS / MOTLEY CRUECARNIVAL OF SINS / MOTLEY CRUE MOTLEY CRUE

感想は「圧巻!タイトル通りまさにカーニバル!!!ヽ(´ー`)ノ 」・・・この一言に尽きます。
パーティですね~!!!
会場を埋め尽くす人・人・人・・・。
その盛り上がりっぷりを観るに日本の比じゃありません。
メンバーに煽られるだけ煽られた女性客のあられもない姿がなんともまぁ鼻血モンで・・・ヽ(´ー`)ノ
しかも、同じようなことが日本でもあった、ときいて益々・・・ヽ(´ー`)ノ
勿論ダンサーの女性も皆エロティックで素敵。
メンバーもみんな巧いし、演奏に限らず、魅せるのも煽るのもめっちゃうまくて、ほんまサイコーにカッコイイ!
特にドラムスがむちゃくちゃカッコよかったです!
とにかく画面に目がクギヅケ!!<●><●>www

HARDROCK好きなら思わずポチっと逝きたくなるDVDやと思います。

・・・あああ、逝っちゃったらどーしよう・・・ヽ(´ー`)ノ
ま、ええかぁ・・・<ええのか?(ノ∀`)
つか、コレを生で観たかったよぅ・・・(´Д`)
後からTwitterに書いたら、「観た!」ってひとが居てテラウラヤマシス(´Д`)

・・・やっぱ私、ミャァミャァ声のヒトが好きなんやわぁ~♪
そらB'Zの稲葉さんにも反応するわけやなw


私信

生姜が嫌いな友人宅に生姜紅茶を飲むのに買ったおろし生姜を忘れてきた…
なんて間抜けな…○┼<(死)

嫌がらせじゃないです。ホンマやで~(´Д`)

続きを読む ≫

テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

2009-11-23 : Music / CD / Live : コメント : 4 : トラックバック : 0

THIS IS IT

故マイケル・ジャクソンの映画『THIS IS IT』を観に行ってきました。

肝心の映画は新宿のバルト9というシネコンにて、シネマチネという割引時間帯に行ったのですが、割引があるせいなのか平日昼間(夕方)の割りに人が多かったです。
それでも少し早めにシネコンへ行った甲斐あってまあまあ良い席でゆったり鑑賞することが出来ました。

上映は好評につき延長されて今月27日まで。
マイケル・ジャクソンに多少でも興味のあるかたは是非ともお運び戴きたい映画です。

このエントリを書いている現在上映中につき多くを語ることはいたしません。
この映画を観ることによって彼の舞台裏や本質を垣間見る事が出来ます。
仮令MJに興味がないひとであってもライブやステージ、エンターテイナー or エンターテイメント自体に興味のあるひとならばかなり楽しめる and 勉強になるんじゃないかと思います。

感想は…単純に「あぁ、MJが生きてる間にライブ行っておくべきやった(´・ω・`)
ホンマに大失敗や~!行かないでスゲー損した!!」
…この一言に尽きます。

この映画は映画館に観にいって本当に良かったです。
やっぱあの中身はライブ(生)で観たかったけどそれが叶わないからこそこの映画があるわけで、せめて映画館のスクリーンサイズでライブリハの模様等を観ておくだけでも何か自分の実になったものがひとつくらいはあるんじゃないか等と戯けた事を感じている次第です。

嗚呼。観たい映画がまだあるし(ノ∀`)
バルト9はきれいで観やすく、とても気に入ったので今後も利用したいと思います。


エスニカン・スリランカ料理「コートロッジ」にて。今回はお初で会うTwitter友さんと待ち合わせてご一緒したのですが、幾ら現状自分に計画性というものが皆無だからといって、相手は初めてお会いするかたやのに、映画館のチョイス以外全部お任せでお願いしちゃったという余りのちゃっかりっぷりに我ながらだいぶ情けなく…(ノ∀`)
しかもお待たせしてホンマに申し訳ございませんでした。

CAFE OASEにて。甲州街道沿いにあるスリランカ・レストラン「コートロッジ」にて限定ナスカレーのランチBセット(スパイスライス+ナン風のもの+ポテト料理ってどーやって見ても量が多いなとは思いつつも「ついうっかり」w スパイスライスは見かけを裏切らないスパイシーさで風味がよく、とても美味しかったです。ナン風のものはゴタンバというらしい。外側はパリっとしてて中はもっちり。肝心のカレーは存分にスパイシーなんだけど辛さは控えめでマイルドでした。次回は別メニューでリベンジしますw)をがっつり戴いた後、シネコンの場所を確認に行ったついでにチケットを買って、そのままシネコン内10Fにある「CAFE OASE」で茶ーしばいて、映画を鑑賞。

ビア&カフェBERGにて。その後、ビア&カフェ「BERG」にてビール×カプチーノで乾杯し、チーズ盛り合わせなどオーダーしてみたものの、ちょっと落ち着かない雰囲気だったので河岸を変えることに。
苦手なものがあるとは…ヌカりました。ホンマ気が利かなくてごめんなさい。

お店を知らないので、ぷらぷらと探しがてら歌舞伎町までてけとーに歩いて…


アイリッシュパブにてウィルキンソン×ラフロイグ。見つけたアイリッシュパブ(お店の名前失念。雑居ビルの地下のお店で多分ココだと思う…「Scottish Pub&Bar HAZELBURN」)にひょいと入ったら雰囲気がよく、大好きなウィルキンソンのジンジャーエールのドライじゃない方もあったし、ラフロイグ(日本酒がお好きとのことだったのでチラっとアイラ・モルトなんぞをお勧めしてみたりしますた。アテクシ的アイラ・モルトのイチオシはなんと言っても「ボウモア」ですが「ラフロイグ」もいい意味でクセがあって美味しいと思います。)のロック×ウィルキンソン辛口で改めて乾杯 (゚ ∀ ゚) 人 (゚ ∀ ゚)
ここに落ち着いてマッタリ喋って22:30過ぎくらいにお開きとなりました。

お昼がっつりお残しなしで食べたら苦しい苦しいw お夕飯不要でした(笑)



おまけ

20091122083414.jpg明日から友人宅へお泊りするので、(タオル引っ掛けたとか失敗するとイヤだし)本来より1週間~10日程早いですが、先月末に開けたピアスをセカンドピアスに交換しました(´∀`)
今回は初めてブラックステンレスのポストを採用。
ボール部分は前後共ジルコニア入りですがケアのし易いストレートバーベルにしました。
ボールにジュエリがついてて大きめなので、バランス的にはちょっと存在感が大きすぎ感ありですが、本人的には気に入ってます。

一番古いホールには長らく憧れだったジュエリ付きのスパイラルバーベルを入れてみました。
こちらは左右で色違いで、左はブラックダイヤモンド、右はパープルピンクですが、コレも気に入ってますよ(o^∀^o)
何れも素材は316サージカルステンレス製です。

スパイラルバーベルのジュエリを嵌めるのにどえらい苦労したので、当分ピアスの交換はしないかも(笑)

テーマ : 今日観た映画
ジャンル : 映画

2009-11-20 : Movie / DVD : コメント : 4 : トラックバック : 0

今秋冬一作目完成

この冬のニット作品第一号♪被り物が好きです♪

…等と発言すると勘違いされそうでイヤなんですが(苦笑)
帽子はかなり昔から愛用しているアイテムのひとつで、キャップもハットもどっちも好きです。
勿論布帛系もニット系もどちらも好き♪
自作も幾つかしてますが手元に残っている自作のニット帽はひとつだけ。
後は全部嫁に行きましたw
今回編んだニット帽は最初から嫁に出すと決めていた面識のないお相手を想定して16日にデザイン(と呼べるほどのものではないのだが)・製作し、予定通り17日にお嫁に行きました。

今回使った糸は編むとモコモコふわふわしたフリースみたいな手触りになるポリエステルのブークレーのグレー系の並太の混ざり糸。同系色のアクセントがちょっとだけ欲しくて黒いアクリルと毛の並太混紡糸でところどころラインを入れてみました。
使用針は、本当は今回輪編み部分はブリムの部分だけだったので普通の棒針で良かったのですが、これが未だ発掘出来てないため(爆)、8ミリの60cmと12号の40cm輪針を使いました。
毎度のことですがニット帽はアバウトに作るのでゲージ取ってません。

8ミリ棒針で指でかける作り目で20目作り目して、メリヤス編み14段+裏メリヤス編み2段の合計16段一模様を5回繰り返した後、メリヤス編みを4段ほど編んで、最後は作り目と一緒にとじながら接いで円筒型にしたら、とじ針で2目一度くらいの割り合いでぐるっと一周糸を通して引き絞り、これがクラウン(トップ)になります。
ブリム側は12号輪針で全体から68目拾って輪編みでメリヤス編みを10段ほど編んでそのまま普通にとじておしまい♪
はい、簡単です。製作日数1日もかかってません。小学生でも大丈夫♪(たぶん)

今年はなんだか寒いので、若干長い目かな?と思うくらいの長さに全体を編んで、ブリムはあえてゴム編みでなしに、メリヤス編みでくるりと丸めて好きに調整できる感じに仕上げてみました。

ホントはこの後かぎ針で丸っこい感じのお花のモチーフを編んでブローチにしておつけする予定でしたが、糸が足りず、今回ブローチ付きでのお渡しは断念。
本体だけ取り急ぎプレゼントさせていただく運びとなりましたが、結果として「じゃ次はブローチ作るね♪」と次回に繋げることが出来たので、結果オーライとします(何)

今回プレゼントさせて戴いたお相手は、友人のお嬢さん♪
旧友に10年ぶりくらいに会いに行くことになって、学校の帰りに駅で合流してご一緒してくださるとのことだったので、そのお礼代わりといったところでしょうか。

特徴を聞いてましたが、その素敵っぷりに一瞬声を掛けてよいものかどうか迷ったほど。
お顔もとってもかわいいし、長身に憧れが…キャー(´∀`*)
つかマジでモデルさんとかどーでしょか?

合流後は一緒にデパ地下で買い物をして、バスでおうちまで案内していただきました。
ご飯もデザートも一緒に食べて、3人でおしゃべり、とっても楽しかったです~♪
ハイパーベツバラたーいむ@フルーツシフォンケーキ♪

え?メインの目的はナンなんだ??だって???
そりゃ…ねぇw わかってるくせにぃ…Σ(´∀`;)

ホント10年ぶりくらいに会ったけど、結構電話で話してるせいか距離もないし、ちっとも変わった感じしなかったなぁ~(笑)
TSUTAYAでCDを返却して家電量販店でTwitter友さんオススメのインナータイプのヘッドフォンをゲットして、夕方遅くからお伺いして一泊したのですが、彼女は先輩iPhoneユーザーなので色々と教えてもらいました。
翌日はのんびりゴロゴロしながらマッタリ過ごしました。(え?くどい?w
体調が悪い中、色々な方面で気を使っていただきました。
でっかいありがとなのです~m(_ _)m

帰りは地図を描いて説明してもらって、バスの時間に合わせておうちを出て、ちょうどご帰宅なさったお嬢さんと顔あわせすることも出来たし、予定通り無事バスに乗って帰ることができました~(笑)

あ。ちゃんとTSUTAYAにCD返しに行けたよ~♪
友人曰く「TSUTAYAの件がなかったらもう一泊出来たのにねぇ~ヽ(´ー`)ノ 」
・・・まったくその通りでございますm(_ _)m @向坂風www モウシワケナスw
この埋め合わせはいずれお渡し出来るであろうベージュの帽子ってことで(何)

★うぴぴ♪お土産もろた~ヽ(´ー`)ノ ★
お土産一味味キットカット♪
初iPhoneでの撮影あーんどアプリ使って加工してみたのであっぷっぷ♪

テーマ : 編み物
ジャンル : 趣味・実用

2009-11-18 : HandMade : コメント : 0 : トラックバック : 0

ふらふら

夜遅く、友人からついっと&メール&電話。
「今から襲撃OK?」ですと?
確かアレコレ煮詰まって、「眠たいから明日でいいや」とかついってたところへのreplyだったので、「大人ってきらいだ」…とかなんとかreplyした憶えがw

Midnight meeting?でも楽しいから出て行っちゃう♪
ふらふらと。

夜中は新鮮だから好き。
昼間にはなかった輝きが随所にあったりなかったり。

3人で真夜中のスナック&ティータイム。
コーヒーとローズヒップティを楽しみつつ、ちょっとつまむ。(ダイエットはどーしたw)
それからチラ見したものを見るためだけにちょろりと歩く。
こーいうときに気楽でいられるのが妙にいい。
こんな時間(とき)が永遠に続けばいいのに、と思う。

今日の音楽

  1. HOUSES OF THE HOLLY / LED ZEPPELIN
  2. THE VERY BEST OF LED ZEPPELIN / LED ZEPPELIN
  3. PUMP / AEROSMITH

2009-11-07 : Catharsis / Murmur : コメント : 0 : トラックバック : 0

独立記念日

東京駅近郊でオフ会に参加したので、「せっかく都会さ出るだから」ってんで、序でに渋谷で(何処が序でだw)ピアッシング♪
…と気軽に考えてたら、昔の名前で出ています…じゃなくって(名前は変わっとらんわw)昔のカルテがあったりしてアレルギーあるのがバレタデー(おやじ/笑)で、再びアレルギー検査を受ける羽目に(´・ω・`)

げぇー(ノ_・、)

シール貼るだけの簡単な検査なのにあれこれようけ書かされるわ、説明長いわ…

…イライライライラ…o(´□`o)

せやから、もう一度やったことあるんやし、そったら丁寧な説明はせんでええって…ヽ(`Д´)ノ
ハナから金属アレルギーめっちゃある、言うてるやろ!ヽ(`Д´)ノ

(何よりも、結果待ちなしで検査直後にピアッシングする意味がようわからんw
たぶん「セカンドピアスはこういうのはNGね」、とか、そういうの説明するのに使うんだろうけど、私の場合見れば「ぜーんぶサージカルステンレスorシルバーです!」とピアス自体が全身全霊で語ってるの丸解りでしょーがww)

…で、やっと!
ずっと念願やったEar Lobeにピアッングして参りましたv(*´Д`)v
本当は5つ開けた時点で7つにしたかったのですが、まぁ色々とね…

これで左の余分なスペースが埋まり、ピアス整列して気分スッキリ(´∀`)
ってことで今日はネコ的独立記念日です♪

2009103108123120091031081229ホンマは11個(左に7個、右に4個)にしてインダストリアルやりたかってんけど、流石に年齢と自分の体質考えて普通に左右ロブ各1個のみで留めました(笑)
軟骨は硬くてピアッシングしにくいのと、完治まで時間かかることが理由として挙げられるのですが、やっぱり完治までの時間は年齢に比例する部分が大きいですからね~。
痛みが引くまで数日は左右1つずつでも「はわー、耳たぶって案外顔に近いのねぃ… |x・`)」なんてくだらないことを考えつつ過ごすのでしょう。
本日の時点で、寝るときの枕やシャワった後のタオルドライ時、ちょっと髪を整えるとか既に完成してるピアスホールのピアス交換でも手指が当たったりするせいか、なかなかに痛いのが現状ですよヽ(´ー`)ノ
序でに言うなら、ピアッサーの後ろが少々尖ってるので気をつけないとタオルや被りタイプの洋服、手指を引っかけやすいのが難点かな。

ぶっちゃけ今回普通に痛かったっす(´・ω・`)
ピアスガン(ピアッサー)…当ててからそんなにじっくり押しちゃ…
きっと衝撃を最小限にするためなんでしょうけど、どうせピアスガンはガチっとスタッドが填まらなきゃ貫通しないのだし、場所はペン書きしてるんやから、決めた場所にピアスガンの両側をまっすぐ定めたら、普通にカチッといったほうが幾分マシな気が…。
じわじわってことは、あのぶっとい14G(G = ゲージ : シャフトの太さ = ホールを通る直径外径部分の太さで、14Gは1.6ミリ)をじわじわと刺してることになるので、そりゃ~さされる方は順当に痛いっすよ~w(((゚Д゚;)))
注射針程度なら多少太くても大して痛くないですが、ピアスガンの先は意外と尖ってない(針のように鋭利ではない)のに、それで痛点のない耳たぶとはいえ皮膚を貫く訳ですから…

Oh!! 弾丸が貫いたらそこ痛いアルよ…(違)
1.6ミリ程度でこの程度ということは…44口径(ちなみにかの有名な44マグナムは元々熊猟向けに開発されたもので11.2ミリ)とか…うはー!!マジで「どてっぱらに風穴が開く」やん~!!! Σ(´□`;) → 想像しすぎ!

「お嬢さん、そんなにじわじわやって戴かなくてもよろしくってよ?」 (`・ω・´)
などと言いたくなるのを堪えつつ…www

ちなみに、ピアスガンで開けるとピアスの頭が手前に出る(スタッドが耳たぶに寄る)ので、ガチっとやった後、ピアスの頭を後へ押して正常な位置にしてやらねばならず、痛いのが苦手な人にはこれがまた多少苦痛かもです。私は全然平気(「いっ」程度w)でしたがw

多分ピアッシングもこれで最後やと思うので、この痛みも楽しい思い出にしましょ(´∀`)v

やはりピアスするなら、出来ればちゃんとした(といっても日本には正規のピアッシング・スタジオはないわけだが)ピアッシング・スタジオで専門のひとにニードルで開けてもらうのが痛みの点と完治までの時間を考えるとベストチョイスでしょうな~(´・ω・`)
ピアスガンで開けるのと違って少々お高いけど、その分316サージカルステンレスの質の良いのとか、純チタン製のピアスをお店の在庫からチョイスして、その場でそれをファーストピアスに出来るという利点が大きいです。
ホンマに痛みの点で言うならピアスガンとニードルとではダンチでニードルのが全然痛くないので、軟骨(へリックス、コンク、トラガス、アンチトラガスなど)及びおへそ(ネイブル)とか口(リップ、ラブレットなど)、舌(タン)、鼻(ノストリルなど)、眉(アイブローなど)、首の後ろ(ネイプ)etc...、ホンマにボディピアスしたい人には向いてると思います。

出来れば耳のファーストピアスは、ケアの点から考えるとまっすぐのバーベルタイプがよいと思います。サーキュラーとかリングのがケアの時ちょっとだけ辛いと思うです。



ネイプ、排除されないなら開けてみたい場所ですにゃ~ヽ(´ー`)ノ
…いや。自分の年齢知ってるので止めときます=■●_

夜は東京駅から程近い駅の和食海鮮屋さんにて、以前オフしたかたにお声掛けて戴いて合計4名でオフ会。

…まさかのアレルギー検査とか、毎度お約束の迷子とか…(((゚Д゚;)))
メンバーの皆さま、お待たせしてホンマにごめんなさいっm(_ _)m
ホンマに申し訳ないことに盛大に遅刻してしまいましたが、皆さま快く迎えて下さり、お刺身も揚げ物もサラダも、とにかくどれもとっても美味く、海鮮チゲがこれまた非常に美味しかったです(*ФωФ)

ハロウィンやし、って思って手土産持って行って良かったヽ(´ー`)ノ
…その前に「お約束」初耳でございました。
危なかったですぅ |x・`;) …ああうぅ…ドキドキドキドキ…;;;

お初でお会いするかたが2人いて、ちょっぴり緊張したけど…
とっても楽しかった(*ФωФ)ノ
お店も店員さん皆さんがとても丁寧で細やかな心遣い、心配りをして下さり、お江戸の接客の極意を垣間見たような…とにかくよく見ていて色々気付いてくださるのが大変好印象で素敵なお店でした。
是非ともまた行きたいお店です♪


♪今日の音楽♪

MASTER OF PUPPETS
METALLICA
DEFENDERS OF THE FAITH
Judas Priest
何周もぐるぐるw → 外見的にはちっとも好みのタイプぢゃない(…っつかごめんやけどデカイのもマッチョも実はちょっぴり苦手…頭剃ってるのはスゴい好み♪)のにどーやら本気でロブ・ハルフォード(の声)に惚れたらしい(*ФωФ)
Soul Ballad Colletion(カセット)
Mick's choices
寝しなにタイマーかけて聞いてたとですヽ(´ー`)ノ

2009-10-29 : Fashion / Pierce : コメント : 0 : トラックバック : 0
TOP

Author

  • author
ねこのみっく
  • A.K.A ネコ。Stray cat. ねこのみっくあにまる。
  • RockでJunkでFunkでPunkでDarkなシッカリ者に見えるウッカリ者のネコ科姐。ネコ故に人見知りが激しくなかなか懐かない。
  • HR/HMを与えておけば大抵Happyだけど音楽だけは好きと嫌いだけで普通がないの♪
  • 此処はひとつユルくヌルくHappyにいこうじゃないか♪
  • Let me go Rock 'n' roll !!

B L O G T I M E S

Displaying Entry

Recent Comments

近況報告
★頭殊どの ネコ 10/23
近況報告
うにゃ!うにゃにゃにゃ~ん♪ 頭殊 10/13
RAM IT DOWN / JudasPriest
★頭殊どの ネコ 02/23
RAM IT DOWN / JudasPriest
umm 頭殊 02/19
転職しました(Again)w
★頭殊どの ネコ 02/07
転職しました(Again)w
そう 頭殊 01/29
眠い眠い睡・・・
★頭殊どの ネコ 01/04
眠い眠い睡・・・
補足 頭殊 12/27
眠い眠い睡・・・
(^ω^) ネコ 12/25
眠い眠い睡・・・
わたしもランスはカイモクよ♪ 頭殊 12/23

Category

カテゴリ名 累計
全記事一覧 []
Updated / News [8]
Recommend [2]
Music / CD / Live [23]
Movie / DVD [2]
Book / Comic [0]
Game [1]
Recipe [1]
Fashion / Pierce [2]
Kimono [2]
HandMade [2]
Precious [2]
Device [2]
PC / BlogCustomize [2]
iPhone [9]
Allergy / BadCondition [2]
Catharsis / Murmur [9]
Memorandum [2]

Monthly Archives

  09   08   07   06   05   04   01   11   10   09   08   03   02   01   12   11   10   09   04   10   08   04   12   11   10

Search This Blog

QR Code

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。